脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の歴史

 

最近はよく知られるようになった脂肪吸引ですが、その歴史というのは、もうすでに30年ほどあるようです。

 

脂肪吸引が始まったのは、1970年代です。

 

それまでは、脂肪を掻き出すという方法でした。

 

しかし、1921年に行われた施術で血管が損傷し、大腿部を切断しなくてはいけないという事が起こってからは、脱脂術は行われなくなりました。

 

1970年代に脂肪の伝道吸引が考案され、1970年代後半には、現在使われているカニューレが使用される方法となったようです。

 

しかし、まだこの頃は合併症にかかる人も多く、安全と呼べるものではありませんでした。

 

その後、脂肪細胞を柔らかくする注入液を使用しての脂肪吸引が開発され、外科的手術として認知され始めます。

 

そして、1982年、アメリカで有効性が確認され、世界的に注目を集めることとなりました。

 

その後、チューセメント法が開発され、大量出血のリスクが改善され、超音波を利用して行う超音波吸引法なども開発され、現在でも発展、普及を続けています。

 

現在は脂肪吸引の安全性も高まり、かなりメジャーな手術となりました。

 

ダイエットと違い、即効性があり、部分やせも実現してくれる嬉しい効果があります。

 

今でも安全性は高いと言われていますが、きっとこれからもどんどん進化し、さらに安全性も高まっていくことでしょう。