脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の施術方法

 

即効性がある脂肪吸引は、細くしたい部分を細くすることができることも大きなメリットですね。

 

自分でダイエットをすると、太ももやお腹のお肉を減らしたいのに、バストばっかり減っていったりするものです。

 

脂肪細胞を吸引するという脂肪吸引ですが、施術はどのような方法で行われるのでしょうか。

 

まずは、脂肪吸引をする部分に局部麻酔や生理的食塩水、血管収縮剤などを混ぜた液を切開した部分から注入します。

 

こうすることで、脂肪が柔らかくなり吸引しやすくなるのです。

 

全体的に脂肪がほぐれたら、カニューレという吸引管を使い吸引していきます。

 

カニューレには種類があり、それを使い分けながら吸引を続けていきます。

 

最後に一番細いカニューレを使い最終調整を行います。

 

そして、棒状の器具で全体的にならし、お肌がデコボコしないようにします。

 

これで脂肪吸引は終了となり、切開した部分を縫い合わせてすべて完了となります。

 

切開したり、吸引管を入れたりと、不安なことは色々ありますが、麻酔をするので痛みを感じることはないそうです。

 

クリニックによって、部分麻酔だったり全身麻酔だったりと方法は色々あるようなので、痛みに弱かったり、不安が強いという人は、カウンセリングの時に医師とよく相談するといいでしょう。