脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引に使われる麻酔

 

脂肪吸引は、皮膚に小さな穴を開け、そこから吸引管をさして脂肪を吸い取るという外科手術です。

 

皮膚に穴を開けたり、差し込んだりするのですから、痛みはあるでしょう。

 

ですから、脂肪吸引は麻酔を使って行われます。

 

脂肪吸引の種類によって麻酔も変わってくるようなので、どんな麻酔があるのかということを知っておきましょう。

 

まずは、局部麻酔です。

 

局部麻酔は、狭い範囲の脂肪吸引をする時に使われます。

 

脂肪吸引をする部分だけをマヒさせるので、意識はあります。

 

硬膜外麻酔というのも、脂肪吸引をするところだけを無痛にする麻酔なので意識はあります。

 

しかし、硬膜外麻酔は、技術が必要となる麻酔なので、どこの病院でも扱っているわけではありません。

 

硬膜外麻酔ができるかどうかで、技術の高い病院であるかどうかを判断することもできるのではないでしょうか。

 

静脈麻酔は、鎮静剤や鎮痛剤を注射する麻酔です。

 

静脈麻酔は、意識がなくなる全身麻酔です。

 

よく知られている通り、完全に意識はなくなり、呼吸と意識が抑制されます。

 

脂肪吸引の時に使われるのは、イソフルラン、セボフルランという体に吸収されずに排出されるガスを使っているので、体への負担が少ないようです。

 

どんな麻酔を使うかどうかは、医師から説明があると思います。

 

脂肪吸引を安全に行うために、麻酔は必要不可欠です。

 

脂肪吸引をするところや範囲、患者の状態によって使う麻酔が違うので、不安があればしっかりと医師に確認しましょう。