脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

アメリカにおける脂肪吸引の実態

 

最近に日本の食事は、欧米化してきていると言われていますよね。

 

それによって肥満が増えているのです。

 

アメリカなどに旅行にいった人は、食事のボリュームや、高カロリーなメニューに驚くことが多いようです。

 

そんなアメリカですから、肥満が多いとも言われています。

 

なんと、アメリカ国民の6割が肥満とも言われています。

 

肥満の人は自己管理ができていないからといって、会社に採用されないという話も聞いた事があります。

 

アメリカでは、第1次世界大戦から、形成外科を発展させてきました。

 

ですから、美容外科手術である脂肪吸引も多く行われているようです。

 

最新の脂肪吸引であるベイザー脂肪吸引は、650以上の美容外科で導入されているようです。

 

美容整形をしている人が多い国ランキングでは6位のアメリカですが、脂肪吸引の需要がとても高いそうです。

 

多くの人が脂肪吸引を行うアメリカと日本での違いが大きいのは医師です。

 

日本では、しっかりと研修もせずに利益を追求するという医師が多いなか、アメリカでは5年から10年の研修を受ける必要があるのです。

 

しっかりと研修を受けているドクターなら、安心ですよね。

 

日本もこれくらい徹底していたら、ドクターの経験不足が原因の失敗例はなくなるのではないでしょうか。

 

肥満になりやすい食生活は、取り入れたくはないですが、医師の経験や安全面はぜひ取り入れたいものです。