脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の仕組み

 

ダイエットをしようと思ったら、食事の量を減らしたり、運動を取り入れたりしますよね。

 

でも、ダイエットはすぐに効果が出るものではないですし、短期間で効果の出るダイエットは、リバウンドしやすいという特徴もあります。

 

せっかくダイエットをしてもリバウンドをしてしまったら意味がないですし、長期間のダイエットを続けるのは、なかなか大変です。

 

しかも、太ももやお腹、二の腕の部分やせをしたいと思っていても、部分やせというのは、簡単にできるものではありません。

 

それらの悩みを解決してくれるのが脂肪吸引です。

 

脂肪吸引は、名前の通り、脂肪を吸引する手術です。

 

体には無数の脂肪細胞があり、この脂肪細胞がエネルギーを蓄積して大きくなると細胞が大きくなります。

 

これが太るということです。

 

脂肪吸引は、この脂肪細胞を吸引するという仕組みです。

 

特別な吸引管を使い、細くしたいと思う部分の脂肪細胞を吸引することで、気になる部分をスリムにしてくれるのです。

 

脂肪細胞自体を吸引するので、残っている脂肪細胞が大きくなっても、脂肪細胞の数が減っているので、リバウンドの心配もほとんどないようです。

 

即効性があり、リバウンドもしないなんて夢のような話ですが、手術なので麻酔をしたり、傷ができたり、お金がかかったりというデメリットもあります。