脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の失敗例

 

脂肪吸引には、どんなイメージがありますか?

 

簡単に部分痩せが出来る手術だと思っている人や、危険な方法と思っている人など、様々だと思います。

 

もちろん、メリットもある手術ですが、失敗例もあります。

 

絶対に安全な方法ではないということをしっかりと理解しておきましょう。

 

例えば、麻酔によって死亡してしまった例もあります。

 

脂肪吸引は、皮膚を切開し、そこから吸引管を入れて脂肪を吸い取ります。

 

ですから、麻酔を使うのです。

 

その麻酔の量を間違えてしまうことで、死亡してしまうという事故がありました。

 

麻酔は痛みを感じなくしてくれるというメリットばかりではありません。

 

神経を麻痺させる麻薬から作られているものなので、量を間違ったり、その人の健康状態によって、命を奪ってしまう危険もあるのです。

 

女性の場合、生理中や妊娠中の麻酔は危険が伴うようです。

 

また、過剰な脂肪吸引での死亡事故もあります。

 

脂肪吸引では、これが一番危険と言われています。

 

体の中のものを取り除くのですから、体も驚いてしまいます。

 

脂肪を過剰に取り除いてしまうと、体がショック反応を起こしてしまい、死に至ってしまうケースがあるのです。

 

これらの事故の原因は、色々考えられるのですが、大きいのは医師の経験不足でしょう。

 

綺麗な体になりたかったのに、このような失敗にあってしまったら後悔しても遅いです。

 

ですから、脂肪吸引をする時には、クリニックや医師選びは慎重に行いたいですね。