脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の施術後に腫れることはありませんか?

 

脂肪吸引は、手術後、色々な症状が出ることもあります。

 

その中の一つに腫れがあります。

 

腫れは手術をしたことにより炎症を起こしてしまい、熱っぽく感じられているのです。

 

ダウンタイムは脂肪吸引の方法によっても違ってきますし、部位によっても違い、個人差もあります。

 

症状は1週間ほどで治まるのですが、2週間ほど腫れが引かないことがあっても、それは不思議ではありません。

 

むくんでいる場合には、術後3日間くらいはアイシングをして、炎症を抑えるといいでしょう。

 

それ以降は、血流を良くする為に、マッサージやストレッチなどがオススメです。

 

また、サポーターなどでしっかりと圧迫をするのも効果的です。

 

ただ、セルフケアによって腫れが酷くなってしまうこともあります。

 

マッサージの向きが悪かったり、血流を良くする時期に冷やしたりと、間違ったケアを行っていると、なかなか改善されないこともあります。

 

どんなケアをしたらいいのかということは、クリニックに相談して方法を教えてもらうようにしましょう。

 

腫れていると、本当に効果が出てくるのかと心配になりますが、脂肪細胞をは取り除かれているので、腫れが引きなじんでくることで、スリムなボディラインを手に入れることができるでしょう。

 

それを早く実感するためには、正しいセルフケアを行うことが大切です。