脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の施術後に自宅でできるケアはありますか?

 

脂肪吸引を行った後には、腫れやむくみ、内出血や施術部分が固くなるなどの症状が現れることがあります。

 

そのほとんどは、施術をした後の当たり前の症状なので心配ないですし、時間が経過することで改善されていくものです。

 

しかし、アフターケアをすることにより、症状を早く改善できることがあります。

 

術後、何度かクリニックに行くことはありますが、それ以外は自分で行うケアが大切です。

 

自宅で行うことができるケア方法をいくつか紹介します。

 

アイシングは、術後ほてりを感じる時に行います。

 

痛みや内出血、むくみ、腫れなどに効果的です。

 

術後3日目くらいまでは炎症を起こしているのでアイシングは効果的ですが、4日目以降は血行を促進したほうがいいので、アイシングはむやみに行わないほうがいいでしょう。

 

4日目以降は、血流を良くする為に、マッサージやストレッチ、入浴などを行いましょう。

 

体が温まることで血流が良くなり、内出血や腫れ、むくみなどの解消に効果的です。

 

また、術後はしっかりと圧迫されていますが、抜糸後にも圧迫固定をしたほうがいいようです。

 

圧迫することでむくみや内出血、腫れなどの改善を早めてくれる効果もありますし、仕上がりの満足度を高める効果もあります。

 

このように自宅でできるケアは色々ありますが、タイミングなども大切です。

 

どんなケアをしたらいいか、自分の状態に合わせてクリニックで教えてもらうようにし、異変を感じたらすぐに相談するようにしましょう。