脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の施術後に使う圧迫用のガードルはどれがいいですか?

 

脂肪吸引は美容外科手術なので、その後のアフターケアが大切になります。

 

入院なども特にしないようなので、自分でケアすることが多くなるようです。

 

脂肪吸引を行った後は、3日間ほどは患部をしっかりと圧迫し、固定しておくようです。

 

そうすることにより、腫れやむくみなどを抑える効果があるようです。

 

圧迫するには、施術をした場所によっても違うのですが、ガードルやストッキング、包帯などを使って行います。

 

クリニックでは包帯をぐるぐるに巻いてくれることもあるようですが、自分で包帯を巻くのは部位によっては難しいですし、面倒ですよね。

 

ですから、つけるだけのガードルや、ストッキングなどが便利です。

 

しかし、どのようなものを選べばいのか、困ってしまいます。

 

ネットを見ると、下着のようにつけることができるガードルなども販売されていますが、サイズが問題となります。

 

しっかり圧迫する必要があるので、サイズ選びはきちんと行いたいものです。

 

自分で用意することもありますが、病院にも医療用ガードルというものがあるようです。

 

もしかしたら用意していないクリニックもあるかもしれませんが、カウンセリングなどで何も言われなかった場合には、一度聞いてみるといいかもしれません。

 

医療用なら購入する時にサイズも一緒に確認してもらえるので安心です。

 

まずはクリニックに相談してみるといいでしょう。