脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の施術後にすぐに仕事や日常生活はできますか?

 

脂肪吸引は美容外科手術です。

 

ですから、部位や方法によっては、全身麻酔も使用します。

 

皮膚を切開し、そこからカニューレという吸引管を差し込んで脂肪を吸引します。

 

脂肪吸引というとただの美容法のような感覚があったという人もいると思いますが、れっきとした手術なのです。

 

ですから、術後の事が気になることでしょう。

 

手術後の経過は、脂肪吸引の方法によっても違ってきますし、部位によっても違いがありますし、回復は個人差もかなり大きいものです。

 

ですから、施術後にすぐに仕事や日常生活ができるかどうかというのは、できるという断定はできません。

 

ただ、入院の必要がないことがほとんどで、術後少し休む人はいますが、その日のうちに自宅に帰れるようです。

 

術後3日間は施術した部分をテーピングなどで固定しますが、日常生活程度は動くことが可能のようです。

 

しかし、手術後は痛みがあったり、内出血、腫れがあることも考えられます。

 

そのような症状は安静にしていることにより改善が早くなるので、無理はしないほうがよいでしょう。

 

無理をすることで仕上がりに影響することも考えられます。

 

施術後は個人差の大きいものなので、自分だけでの判断ではなく、医師の言うことをしっかりと聞いて判断をすることが大切です。