脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引した脂肪を胸に入れてバストアップすることはできますか?

 

お腹や二の腕、太ももにふくらはぎ・・・。

 

脂肪が気になる部分は、たくさんありますよね。

 

しかし、女性の悩みに多いのは、脂肪だけではありません。

 

バストアップをしたいという人も多いものです。

 

脂肪をなくしたくてダイエットすると、なくしたくないバストから先に減ってしまったりすることも多くあります。

 

しかし、脂肪吸引ならバストを減らすことなく、減らしたい部分の脂肪を減らすことができるというメリットがあります。

 

ただ、それだけではなく、吸引した脂肪をバストに注入することで、バストアップすることも可能です。

 

自分の脂肪を注入するので体への負担も少なく、違和感もほとんどないようです。

 

また、異物による後遺症もないので安心です。

 

脂肪を注入する時には、局部麻酔なので、施術後すぐに帰宅できます。

 

バストアップというと、バックを入れる方法が一般的ですが、レントゲンを撮ると豊胸しているのがわかってしまうのです。

 

また、胸を触った時にわかる人もいますよね。

 

しかし、バストはもともと脂肪ですし、その脂肪を注入するのであれば、自然な柔らかさに仕上がります。

 

もちろん、全体的なバストアップも、谷間の部分のバストアップも、左右の大きさの調節も可能です。

 

レントゲンなどでも気づかれることはありません。

 

減らしたい部分を減らし、増やしたい部分に増やせるというのは、一石二鳥ですね。