脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

メスを使わない脂肪吸引とは何ですか?

 

一般的に脂肪吸引は、全身麻酔をかけて皮膚を切開し、そこから吸引管を入れて脂肪細胞を吸引するというものです。

 

全身麻酔もしますし、脂肪吸引は美容外科手術ということで、ダウンタイムもありますし、体への負担も大きいものです。

 

あとから痛みがあったり、腫れてしまったりということを考えると少し怖いですし、傷が残るかもしれないという不安もあります。

 

しかし、最近はメスを使わない脂肪吸引というものがあります。

 

メソセラピーやカーボメッドなどという方法があるのですが、注射器でなくしたい脂肪部分に薬剤を注入することで脂肪を溶かします。

 

溶けた脂肪は吸引しなくても、自然と体内に吸収され、いずれ老廃物として体の外へ排出されていきます。

 

注射をするだけなので、麻酔を使う必要もありませんし、吸引をしないので、ダウンタイムもありません。

 

ですから、体にとっての負担がほとんどなく、安心なのです。

 

また、手術のように傷が残るという心配もありません。

 

ただし、一般的な脂肪吸引よりは効果が出るのに時間がかかるかもしれません。

 

それよりも、体に負担がかからないことのほうが大きなメリットですね。

 

脂肪吸引は怖いというイメージがあった人も、メスを使わない脂肪吸引なら、安心して受けることができるのではないでしょうか。

 

メスを使わない脂肪吸引法も色々種類があるので、気になる場合はどんな方法がいいのか調べてみてはいかがでしょうか。