脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

足の脂肪吸引をした後に足がつることはありませんか?

 

皮膚を切開し、そこに特殊な吸引管を差込み、脂肪を吸引する脂肪吸引は、麻酔を使って行う美容外科手術です。

 

どんな手術でも、手術後は何かしら症状が出るものだと思いますが、脂肪吸引も同じです。

 

脂肪吸引をすると、腫れやむくみ、内出血や痺れなどの症状が多く起こります。

 

脂肪吸引も進歩しているので、以前と比べると格段に症状が軽くなったようですが、それでも皮膚を切開したり、脂肪細胞を吸引したりしているわけですから、体に色々な症状が出てくるのでしょう。

 

脂肪細胞を取り除いた後、残った脂肪細胞が結合しようとして、施術部分が固くなったり、つっぱったりすることもあります。

 

また、痛みが出る場合もあります。

 

そして、足の脂肪吸引をした場合、固くなっていることでちょっとしたことで足がつってしまうこともあるようです。

 

また、足の施術をした部分を知らず知らずのうちにかばったような歩き方になり、いつもとは違う動きをすることで足がつってしまうことも考えられます。

 

施術後は筋肉痛のような痛みのようなものが続くので、ペンギン歩きのようになってしまう人もいるようです。

 

日常でペンギン歩きをすることはないですから、足を使っている部分に負担がかかってしまうのでしょう。

 

足がつりやすくなる人もいるようですが、体が改善されてくることで症状も改善されてくると思います。

 

もし気になるようなら、クリニックに相談して見るといいでしょう。