脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の合併症

 

脂肪吸引は、外科手術です。

 

手術にはリスクが伴い、脂肪吸引も例外ではありません。

 

脂肪吸引をすることで、合併症を引き起こしてしまうこともあるのです。

 

例えば、感染です。

 

皮膚を切開しそこから器具を挿入するので、感染の可能性がないとは言い切れません。

 

感染には深刻なケースもあるので気をつけたいものです。

 

内臓破損も合併症の一つです。

 

体に器具を差し込むのですが、正確な内臓の位置などは把握できません。

 

ですから、もしかしたら内臓を傷つけてしまうことも考えられるのです。

 

また、手術後に血清が溜まってしまう水腫や、知覚異常を引き起こすこともあるようです。

 

そして、脂肪吸引でよく知られている合併症が塞栓症です。

 

技術が進歩したことで出血はかなり減っているのですが、血管に損傷を与えてしまうことで、血管に脂肪の塊や、血の塊が入り込むことにより、血管が詰まってしまうのです。

 

肺や脳の部分で詰まってしまうと、深刻な症状を招いてしまうこともあるのです。

 

その他に、熱傷や腫れなどの合併症が考えられます。

 

ダイエットとは違い、即効性と確実性があり、リバウンドの心配も少ない脂肪吸引ですが、合併症や後遺症のリスクがあることをしっかり知っておきましょう。

 

手術といえば、医師が行うものなので、全てを任せておけばいいと考える人もいますが、クリニック選びや医師選びがとても重要になってきます。