脂肪吸引の効果・費用・口コミ・リスク・後遺症・失敗・痛み

 

脂肪吸引の後遺症

 

ダイエットは長期間続けないとなかなか効果が出ないのですが、脂肪吸引は細くしたいところの脂肪を吸引することで、理想的なスタイルを手に入れることができます。

 

しかし、脂肪吸引は麻酔を使った外科手術です。

 

メリットばかりではなく、デメリットや失敗があることも忘れてはいけません。

 

脂肪吸引をしたことで、後遺症があることも考えられます。

 

例えば、脂肪を吸引しすぎたために、てこぼこが発生してしまったり、脂肪だけではなく組織も取り除いてしまうことで痛みが発生してしまうなどです。

 

脂肪吸引をすることで、筋肉や内臓を傷つけてしまったりすることがないのかなどという心配もありますが、このようなことは全くないとは言い切れません。

 

ですが、最近では命に関わるような後遺症が発生することはないようです。

 

ただ、脂肪吸引をする時には麻酔を使います。

 

麻酔の技術は発達していますが、全身麻酔などをした時には、後遺症が残る可能性もあります。

 

痛みに弱いからと言って、全身麻酔にするのも考え物です。

 

クリニックによっては部分麻酔で行うところもあるので、全身麻酔をしないことで、後遺症のリスクをなくすことはできます。

 

せっかくスリムな体を手に入れても、後遺症が残ってしまうのはつらいですよね。

 

脂肪吸引のリスクをしっかりと把握し、それを回避できるようにカウンセリングなどで納得いくまで相談することは大切なことです。